営洋の製造技術
トップイメージ
 
HACCPについて

従来『食の安全性』とは、製造する環境を清潔にし、きれいにすれば安全な食品が製造できるであろうとの考えのもとに、製造環境の整備や衛星の確保に重点が置かれていました。
そして、製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜取り検査により行われてきましたが、抜き取り検査だけの場合、危険な食品が、市場に出て食中毒を引き起こす可能性を排除することができませんでした。 これに対してHACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷まですべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための 重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことのできるシステムです。